アシュレイマディソンの新システム

日本に進出し
既存の出会い系サイトの記録を楽々と更新して
会員数を爆発的に増やしたアシュレイマディソン
順調に見えたスタートでしたがまさかの落とし穴がアシュレイマディソンを襲います

個人情報の漏洩は致命的

別ページでも書きましたが
アシュレイマディソンの会員情報が流出したのが
2015年の8月

 

運営の不手際からの個人情報流出というわけではなく
内部の人間、もしくは出会い系サイトというものに反感を持つものが意図的にハッキングしたといわれています。

 

かなりセンセーショナルな話題になりましたが
いつの間にか、個人情報流出の脅迫も終わったようで
全くニュースからもアシュレイの個人情報に関してのものは消え去りましたね

 

私も登録している人間の一人だったので
自分の情報が流出して、どうなってしまうのだろう?

 

なんて漠然とした恐怖感がありましたが
あれから2年近く、何も変化がありませんでした・・・・

 

結局、あの事件の真相も発表されないまま終わってしまっているので
何か裏があったんだろうなあって思います。

 

まあ、私にとっては
別に女性と出会えればどんな裏があろうと関係ないんですけどね

情報流出よりもショックだったのは会員水増しの統計

会員情報流出も大事件ではありますが
有名人、芸能人の登録が真実であったことがわかると
逆にそれが宣伝のような効果があり、一時的に会員登録が増加したというのもおかしなものです

 

まあ、考えてみれば
普通に出会うことのない芸能人が
アシュレイマディソンに登録していて
そこで秘密に会うことができるなんてことになったら
夢見ちゃいますよね

 

日本の芸能人は噂の枠を出ませんでしたが
アメリカではかなりの数の著名人、芸能人の登録があったことがバレましたから

 

もしも、日本でもねえ
壇蜜とかが登録していたなんて言ったら
もう会員の増加は激しいものになっていたんでしょうね

 

そう考えると、日本国内では
あまり個人情報の流出はアシュレイにとっての痛手にならなかったのかもしれません

 

一番の痛手となったのは
個人情報流出よりも、女性会員の大半がbotだったという情報ですね

 

出会い系サイトでは、会員数を多く見せるために
昔はサクラを雇ったりしていました

 

しかし、最近は出会いの可能性がないところに
お金をかけさせることは詐欺という判決が裁判で出たことにより
サクラを使うサイトはほとんどなくなりました

 

もともと詐欺目的で立ち上げているサイトはそういった問題ではないので対象外ですが
ちゃんとしたサイト、PCMAX、ワクワクメール、ハピメなどのサイトにサクラっていうものは存在しないでしょう。

 

しかし、アシュレイではbotを使ってたんですね〜
アジア地区ではbotの使用率が低かったので、それほど女性会員数への影響っていうのはなかったと思われますが
それでも、そういったことをやってしまったら信頼がなくなりますよね

 

 

新体制になって不倫はしにくくなった??

世界最大の不倫サイト

 

これが初代アシュレイマディソンのキャッチフレーズでした

 

新体制になって
不倫色を打ち消そうと必死ですが

 

いったい、どの方向へ向かっていくのか

 

特に日本では、難しいところです。

 

既存の出会い系が強いですからね。

 

アシュレイは一応日本語化されてるものの
システムが、全く日本の出会い系サイトと違う

 

だから、日本の出会い系サイトのヘビーユーザーにとっては
とても使いにくいサイトだったと思います。

 

それにも関わらず
アシュレイの登録会員数が増えた理由は
ずばり

 

日本の出会い系サイトでは会えないような
出会いの形がアシュレイにはあるから

 

これに尽きます

 

出会い系サイトがパパ活や割り切り希望の女性で溢れた近年では
普通に不倫

 

純粋に大人のセフレ探しをするサイトはアシュレイしかなかったからですね

 

芸能人の不倫ニュースが世間を騒がせるくらい
不倫なんて一般的になってしまっています。

 

たった数十年の人生
我慢することはありません。
ただ、不倫がバレると代償は大きいので
バレだけに気を付ければあとは自由そんな感覚でアシュレイを楽しみたいと思います

日本人は不倫が好き?

んー
なんかワイドショーとか見てると
つくづく日本人って不倫の話題が好きですよね〜
去年のベッキーとか今年の今井絵理子、そして上原多香子のスピードチームとか

 

なんか批判してる女性とかって
本当は不倫に憧れてるんじゃないか?
なんて思ってしまいます。

 

今年の夏に公開された不倫映画の
昼顔だって、斉藤工見たさなのかわかりませんが
大ヒットしましたからね。

 

でも
なかなか
不倫の相手を見つけるのは難しいんです。

 

たまたま近くに相手がいて
そこから恋愛が始まる不倫ならいいですが
不倫するために相手を探すとなったら
一体どこ探すの?って感じ

 

そうなると一番安全なのが出会い系サイトになるわけじゃないですか

 

しかし日本の出会い系サイトに登録してる男性っていまいち信頼性がないですよね。
たった50円くらいのメール代をケチろうとする輩も多いし
なんか遊びができない男たちって感じ

 

その点
やはり外国資本のサイトだと

 

クレジットカード=信頼っていう図式ができてるから
クレジットカードがない信頼性のない男性を排除してくれるのが安心ですよね

 

別に女性だって
お金が欲しいってわけじゃないんです
(割りきり援助交際のケースを除いては)
だけど、せっかく不倫して遊ぶのにけちけちされると
現実に引き戻されるような感じがして嫌なんですよね。

 

不倫関係を求めている女性の大半は
現実逃避
一瞬だけでも今の生活を忘れられればっていう願いの女性がほとんどです
不倫に先を望んでいるわけではありません。

 

ただ一瞬だけ夢が見たいそれだけ

 

そんな女性に夢を与えてあげるっていうのも素敵なことだと思いませんか?

2016年にスタートした新体制

アシュレイマディソンの創始者
CEOノエルスパイダーマンが責任をとって退任
カリスマであるCEO退任と同時にアシュレイマディソンも終焉を迎えると思いきや

 

なんと、大ピンチのアシュレイマディソンのCEOを引き受けた人が・・・

 

それがアメリカで大手広告代理店を手掛けるセガール氏
マーケティングのプロのセガール氏がCEOについたということは
アシュレイは、まだ存続するということ

 

大方の予想を裏切り
2016年からスタートしたセガール体制で
アシュレイマディソンの登録会員数が増えて来ています

 

今までのような爆発的な増加ではありませんが
ピークが過ぎたといわれる出会い系サイトで着実に会員数を増やすっていうのは凄いこと
それも、日本のサイトのように登録無料ではなく、アシュレイの場合は登録で100$はかかりますからね

 

まず、新体制でどこが変わったのか?

一番変わったのはサイトコンセプトですね

 

世界最大の不倫サイトのキャッチフレーズが
find your momentに変更されました

 

不倫という隠れたイメージにターゲッティングするのではなく
さらにオープンに男女の出会いを提供したいといったコンセプトの変化が好感をもたれたようです

 

ユーザビリティも改善されました
今までアシュレイの会員システムというのはbot以外にもからくりがあって
退会時にもお金がかかるというシステムのため、退会しないでアカウントそのままにしてログインしないという
所謂、幽霊会員っていうのが多数存在していました

 

しかし、セガール体制に代わってから、退会は無料で可能になり
現在の会員数は実質会員数に近づいてきています。

 

3000万人の会員数で一日2万人のアクティブユーザー
これは全世界での統計ですが、セガール氏が今後一番期待を寄せているのが日本マーケット

 

そりゃそうでしょ
アシュレイ上陸から300万人突破までの速度が
出会い系はオワコンなんて言われている日本がダントツだったんですからね

 

ただ、日本の場合
出会い系サイトは、無料会員登録の既存出会い系サイトが強いです

 

そこに、どう差別化して立ち向かっていくか?

 

私の場合
誰にでも会えるなら別に他のサイトでもいいです

 

すぐにセックスしたいだけなら
それこそ、割り切りだって何だって他サイトの掲示板ですぐセックスできるでしょ

 

アシュレイマディソンでは
アシュレイでしかできない出会いを提供してもらえるよう
今後のアシュレイの新体制に期待したいところです